サイズの測り方


左目と右目の中心の距離を測る(瞳孔間距離=PD)


お店では専用の機械を使って瞳孔間距離(PD)を 測定します。(単位はミリ)

「度数の強いお客様の場合」は、

この「瞳孔間距離(PD)」と「玉型のヨコ幅」+「鼻幅」の

合計した数字が近くなるように メガネのサイズを選びます。







お顔の横幅を測定します


専用の測定器で測ります。





メガネの前枠から耳までの長さを測ります


専用の測定器で測ります。





お持ちのメガネのサイズも確認します





下の写真のように、どのメガネの枠にも「サイズ」が表記されています。

( セルフレームの場合 )

  

この場合は、51口17-135 で
すべてミリ単位の表記になっています。

51がメガネのレンズを入れる部分(玉型)のヨコ幅です。
(この場合だと5.1センチの幅)

17は右と左のレンズを入れる部分の間の距離つまり、鼻幅になります。
(この場合は1.7センチの幅)

最後の135はメガネのヨコの部分(テンプル)の先までの長さです。
(この場合は13.5センチの長さ)


( メタルフレームの場合 )

  ↓

基本的に「メタルフレーム」の場合も同じです。

この場合は、5.4センチの玉型の幅で、鼻幅が1.7センチ、
テンプルの長さが14センチです。

ちなみに、サイズの左横に書いてある英語は
使っている素材を表しています。

この場合は

「ALL TITAN」 = 使っている素材はすべて「チタン」

「T-βTITAN」 = Tはテンプルのことです。つまり、テンプルの部分だけ
ベータチタン(しなる金属)を使用しています。 ということです。


( ← トップページへ )