メガネの取扱い方法


メガネの掛けはずしは両手で


片手ではずすと余計な力が
メガネにかかり、メガネの
「型くずれ」の 原因になります。


メガネを置くときは、必ずレンズ面を上に


「プラスレンズ(遠視)」の方は
レンズを下にして置くと
キズがつきやすいので
特に 注意して下さい。


メガネを洗うときは中性洗剤で


洗うときは「水またはぬるま湯」で洗って下さい。
お湯は使わないで!

汚れが落ちにくい時は、台所用の中性洗剤を少しつけて、指でこすると汚れが取れます。


メガネはぬれたままにしない


レンズに水滴がついたまま置いておくと、「水やけ」の原因になります。

洗ったら、すぐに水気をふき取っておきましょう。


メガネは「熱」に弱いんです


お風呂や温泉にメガネをかけて入らないで下さい。

サウナは絶対
やめてください!
ドライヤーの熱もあてすぎないように。
ダッシュボードの上も注意 ダッシュボードの上にメガネを置いたままにしないで下さい 夏場の窓べりにメガネを置いておくのもあまり良くありません



( → トップページへ )